東京2020パラリンピック 応援に行けず

今回アーチェリー女子個人に出場された岡崎愛子さんは、2005年4月25日のJR福知山線脱線事故で、1両目で首から下が麻痺(頸髄損傷)する重傷を負ったが、人一倍頑張って日本代表になり、そして無事5位に入られました。

私は、岡崎愛子さんのことを知り、新木場でのアーチェリー競技の入場券を手に入れまして、応援で8月30日開催の競技に行く予定でした。しかし、新型コロナ・デルタ株の影響で無観客での開催となってしまい、在宅でのお応援となってしまいました。

読売新聞の“なりたい自分 射止めた”の新聞記事を添付します。私も、なりたい自分を求めて努力していきたいと思っております。

2021.9.5 松岡憲彦      記事PDF

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です