ギタークラブについて

三田ゆりのきギタークラブについて

三田ゆりのきギタークラブは、2001年末ごろ、ゆりのき台に住んでいた三人のクラシックギター愛好者が、老後も共に三田市においてギター合奏をしようと話し合って、結成したのが始まりです。
2002年1月13日(日)、ゆりのき台コミュニティハウスにおいて、第1回の練習を開始。以後、ほぼ月2回の練習を続けて、今日に至っています。

2017年3月1日現在、メンバーは28名
(三田市近傍の男性24名、女性4名、幅広い年齢層)
代表者 小澤 弘

三田ゆりのきギタークラブのコンセプト
<目的>

世代を超えてクラッシクギターを愛好するものが集まり、クラッシクギターを通して音楽を楽しみ、メンバーの成長を図り、相互の親睦を深め、その成果を進んで社会に還元し、文化の町つくりに寄与していきたい。我々はあくまでもアマチュアであり技術を追い求め過ぎてこの目的を忘れない様に注意しなければならない。