村治佳織&奏一 デュオ・ギターコンサート

本日(9月30日)三田市の郷の音ホール大ホールにて村治兄弟によるデュオ・ギターコンサートがありました。台風の影響で開催が心配でしたが、予定通り開催されました。ギターコンサートとしてはやや広い大ホールでしたが、すばらしいコンサートでした。

プログラムは2部構成でした。

1部はデュオで弟の奏一さん編曲によるJ.Sバッハ「プレリュード 無伴奏ヴァイオリンのためのパルティ―第3番BMW1006より」ではじまり、F.カルリ「ヴェニスの謝肉祭による序奏、変奏と終曲」、L.ボッケリーニ「序奏とファンタゴ」、E.グラナダス「間奏曲 歌劇「ゴイェスカス」より」、お馴染みの「アルハンブラの想い出」、ファリャ「粉屋の踊り」でした。いずれも、有名な曲であり、さすが、御兄弟の演奏だけあって、息ぴったりの素晴らしい演奏でした。アルハンブラの想い出の二重奏は、初めて聞きましたが、村治佳織さんも、大変珍しいとおっしゃっていましたが、J.アスピアス編によるものです。

 

2部は、弟の奏一さんのソロ(「亡き王女のためのパヴァーヌ」他)、佳織さんのソロ(「愛はきらめきの中に」他)、最後に再びデュオでピアソロがアサド兄弟にささげたタンゴ組曲でした(もちろん、いずれの曲も素晴らしかったことは言うまでもありません)。

コンサートは、お二人による曲目紹介で進行し、最後のデュオの前にはお二人のトークもあり、大変、暖かな感じのコンサートでした。佳織さんの笑顔は良いですね。また、生でお声も聞くことができ感激しました。

 

アンコールは1曲だけ(エンターティナー)デュオでやや拍子抜けしましたが、台風の影響もあり仕方がない?(佳織さんの弁)かもしれませんね。

現在、お二人のDUOのCDやDVDは発売されていませんが、早く発売されることを祈っております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です