Finale NotePad2012は便利なソフト

Finale NotePad2012は簡単な楽譜が作成でき、大変便利ですが、楽譜を作成しない場合でも、Finale(フィナーレ)で作成して楽譜が入手できれば、テンポを遅くしたり、自分のパートだけ音を消して、いわゆるカラオケが楽しめます。

今回、テンポを遅くする方法と、カラオケする方法をご紹介します。

 

1.準備                       

・プレイバックしたい楽譜のファイルを開く

・画面上部のツールバーにオーディオ・プレイヤーによく似た操作ボタン(緑と水色の矢印など)があることを確認

・表示されていないなら、ツールパレットの右の無地の所を右クリックする

・プルダウンで6個のパレット名が表示されるのでその中の「プレイバックコントローラー」にチェックを入れる。

・下記末尾の参考画面(「恋は水色」の楽譜)はすべてのパレットを表示した状態です

 

2.プレイバックの速度を変更する         

・プレイバックの速度は楽譜(下記の「恋は水色」の左上に緑色で書いてある「四分音符=100」で再生されます

・速度を変えたくても、Finale NotePadではこの速度を変更することができません。

・そこで、メインツールパレットの中の発想記号ツールmfをクリックします

FINALE

・矢印になったカーソルで緑色の「四分音符=100」をクリックする

・赤色に変わってアクティブになったらDeleteする(つまり消してしまう)

・再生したい速度は、プレイバックコントローラーの右端にある四角の中の数字(音符の記号の右)を変更する

・プレイバックコントローラーの操作方法はCDやテープとほとんど同じです

 

3.自分のパートの音を消す            

・メインツールパレットの中の「選択ツール」(破線の四角と左上向きの矢印)をクリックします

・消したいパートの1小節目のト音記号の辺りをクリックします

・消したいパートが最後まで青色にアクティブになったら、Deleteする

・自分のパートをすべて消してパソコン相手に練習する。消さずに小さい音で鳴らしたい時は次の4項を参照してください

 

4.再生する音に「p」や「f」の強弱記号を付ける

・メインツールパレットの中の発想記号ツールmfをクリックする

・記号を入力したい位置をダブルクリックする

・「発想記号の選択」画面が開く

・リストの中から目的の記号を選択する

・「発想記号の選択」画面の下部にある配置をクリックする

・既に記載されている記号を消すときは、矢印になったカーソルで記号をクリックして、Deleteする

・最後に、上記で変更した楽譜を保存したい時は「ファイル」から「別名で保存」する

 

(参考画面:恋は水色)

clip_image002[7]

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です