業務例 2

◎株式公開準備のサポート

株式公開準備会社においては、公開会社と同レベルの管理体制が必要とされる。特に、ITは中枢部分であり、株式公開に耐えられる程度のシステムを構築が必要となる。(原価計算、在庫管理、購買管理、販売管理等)

◎ITコーディネータ的役割

顧客とコンピュータ会社との間にはいり、橋渡しの役目を行う。顧客→ITがわからない。コンピュータ会社→会社の状況がわからない。

 

◎地方公共団体の会計システムの構築サポート

全国の自治体では2009年9月以降、総務省が策定した新地方公会計制度で財務諸表を公表することが求められている。財務諸表モデルとしては基準モデルと総務省方式改訂モデルがある。

◎金融機関向け研修

融資先の評価 行員向けに融資先の決算書の見方、連結グループ会社における与信の考え方等を実際の融資先の決算書・納税申告書をもとに研修を行う。
経営改善計画の立案・策定 融資先の経営改善計画を立案するために、実際の融資先を対象にして研修を行う。
融資先の事業承継 融資先の経営者の抱えている問題である事業承継について、金融機関の立場からコンサルティングできる能力を身につけるための研修を行う。