米国企業への国際会計基準(IFRS)の適用の判断が先送りに!!!

本日の日経新聞によれば、「米証券取引委員会(SEC)は米国企業への国際会計基準(IFRS)の適用についての判断を先送りした。IFRSを使う欧州と米国の間では世界の会計基準を巡る主導権争いがある。11月に米大統領選を控えていることもあり、最終判断は2013年以降にずれ込む見通し。結論先送りで日本でも議論が長引く可能性が出てきた。」との記事が載っていました。

我が国においても2011年3月期から早期適用会社がありますが、2012年3月期の提出会社はEDINETの全文検索で「IFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成」をキーワードに検索しますと、下記の会社が該当しました。

国際会計基準の先送り

コメントは受け付けていません。