役員給与 期中の役員報酬の減額について

役員給与については、業績悪化改定理由による減額支給のほか、業績悪化する前においても一定の条件を満たした場合、可能であることが、国税庁の法人税のホームページでQ&Aの形式で回答されています。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/hojin/qa.pdf

「役員給与に関するQ&A」のQ1-2(業績の著しい悪化が不可避と認められる場合の役員給与の減額)平成24年4月追加

これによれば、「役員給与の減額などの経営改善策を講じなければ、客観的な状況から今後著しく悪化することが不可避と認められる場合には、業績悪化改定事由に該当するもの」と考えられます。ポイントは「不可避」かどうかであり、客観的な資料によって状況が説明できるようにしておくことが必要です。

コメントは受け付けていません。