私の入居している建物が映画の舞台になりました!!

私の事務所は神戸市の旧居留地内にありますが、近辺は映画の撮影によく使われています。最近、撮影現場にでく合わせたのは、妹尾河童原作の少年Hで水谷豊さんが演じているところでしたが、なんと私の入居している建物が舞台になった映画もありました。

その映画は、高村薫原作の「黄金を抱いて翔べ」(平成24年11月3日より公開)です。夜中に撮影に来ていたという話を聞いており、どのような映画になったか楽しみで、早速、見に行きましたが、私の事務所の窓が映っていたのに驚きました。

■ストーリー

幸田は大学時代の友人、北川から大阪市の住田銀行本店地下にあるという240億円相当の金塊強奪計画を持ちかけられる。メンバーは他にSEの野田、爆破工作のエキスパートで国家スパイの裏を持つモモ、北川の弟・春樹、元エレベーター技師のじいちゃん。しかし、計画の過程で謎の事件が次々と発生。そこにはお互い知らない、それぞれの過去が複雑に絡み合っていた。そしてついに決行の日、「黄金」に全てを賭けた男たちの運命は…。

 

上記の住田銀行本店というのが、私の入居している神港ビルディングという設定です。

コメントは受け付けていません。