納め忘れた社会保険料(国民年金保険料)が年末調整又は確定申告で社会保険料控除に

昨年8月10日に交付された年金確保支援法により、国民年金保険料については平成24年10月1日にから3年間に限り、納め忘れた保険料を従来の2年間から10年前まで遡って追納できる制度が手当てされました。この保険料を支払った場合、毎月支払われる社会保険料と同様、支払った年の社会保険控除の対象にすることができます。

国民年金制度は20歳から60歳未満のすべての国民が加入し、保険料の納付が義務付けられていますが、納付期間40年間のうち25年以上の加入がなければ、65歳以降に年金を受け取ることができませんので、今回の年金確保支援法で手当されたものです。

コメントは受け付けていません。