You Tubeの「収益化」の申し立て 「審査中」がやっと「収益化対象」に!!!

自分でビデオ撮影したものを動画に変換しYou Tubeにアップしています。一定以上のアクセスがあると、GOOGLEより、収益化の申し立ての案内がきます。収益化とは、動画に広告が入り、動画を見た人がその広告をみると、一定の比率で収益が動画を提供した側に入ってくるものです。このためにはGoogle側の審査を受けなければなりません。いわゆる、著作権等の問題が審査ではキーになります。最初、いい加減に対応して申請すると、下記のメールがきました。

「YouTube では、すべての動画素材と音楽を商用利用するために必要な権利(該当するパブリシティ権を含む)をお客様が所有しているかについて、提示していただいた情報からは確認できませんでした。つきましては、申し立ての理由を立証する文書をご提出いただきたくお願いいたします。この情報を添付のうえ、電子署名付きのメールを YouTube に送信してください。
ご提出いただく文書は、お客様と権利所有者の間で交わされた書面による契約書か、コンテンツの商用利用をお客様に許可することを記載した権利所有者からの書簡のいずれかである必要があります。権利所有者の連絡先とともに署名をご提供ください。文書には、お客様のチャンネル名と動画の URL を含めていただくようお願いいたします。
Dais
YouTube チーム」

号泣

そこで、必要な書類(承諾書等)を揃えましたが、この段階でわからなかったのが、「電子署名付きのメール」の電子署名でした。いわゆる、住民票をインターネットで申請する場合に必要な電子署名ではなく、自分の氏名と住所、電話番号をメールに書き添えることでよいようでした(電子署名とはオーバーですネ!!)。

その後、動画を20本程度、申請しました。、一部の動画はすぐに収益化の対象にはなりましたが、その他の動画で、審査にパスした同じような動画が、「審査中」となりました。その後、いつまでたっても「審査中」の状態でした。何回かYou Tubeサポートにメールで問い合わせをしても、一向に返事もなく、Googleに対する不信感が募りました。いつか、いつかと心待ちにしていましたが、3ケ月経っても、相変わらず「審査中」の状態でした。

ほとんど、諦め状態でしたが、最近、思い直してもう一度、解決策をネットで調査しました。

「審査中が長い間続く場合は、申請を一旦取りやめ、再度申請することで、解決するかもしれません」というネットでの書き込みでした。半信半疑でしたが、

恐る恐る「審査中」の一つの動画だけを

「動画の収益化」ボタンをはずし、2~3日後に、再度、「動画の収益化」ボタンをクリックしました。

すると、どうでしょうか。翌日の早朝6時頃に下記のメールが届きました。目からウロコがとれました。

「すべての動画素材を商用利用する権利を所有していることをご確認いただきありがとうございました。この動画による収益受け取りが承認されました。
ぜひ他の動画も収益受け取りプログラムにご提出ください。
今後ともYouTubeをよろしくお願いいたします。
YouTube チーム」

スマイル

その後、審査中の動画すべてを恐る恐る、同じ方法で再申請しました。すべて、承認ずみのメールが翌日以降に届き、収益化対象になりました。

なにが何だか良くわかりませんでしたが、やっと、収益化ができました。3ケ月間続いたモヤモヤが晴れました。。。。。

今後はGoogle Adsenseのモニタリング機能を利用して、収益化の状況を見ていきたいと思います。

 

コメントは受け付けていません。