「公益法人の貸借対照表内訳表及び正味財産増減計算書内訳書の作成手順と会計処理の具体例とQ&A」の公表

平成24年5月13日に日本公認会計士協会から、非営利法人委員会研究資料第4号「貸借対照表内訳表及び正味財産増減計算書内訳表の作成と会計処理について」が公表されています。これは、平成20 年4月11 日に内閣府公益認定等委員会から公表された「公益法人会計基準」において作成が求められている貸借対照表内訳表及び正味財産増減計算書内訳表の作成手順と会計処理を事例で示し、事例を補足するための留意事項をQ&Aとしてまとめらられたものです。

事例1及び事例2は具体的でわかりやすい事例で仕訳から総勘定元帳への記入、合計残高試算表を経て貸借対照表内訳表及び正味財産増減計算書の作成方法が示されています。また、Q&Aもわかりやすく、公益事業への収益の繰入額の計算方法ならびに管理費のうち収益事業等に按分される額(Q11)は大変参考になります。公益法人の経理担当者は是非一読されたらと思います。

内容

事例による解説

事例1.公益財団法人で収益事業等会計より利益額の50%超を公益目的事業会計へ繰り入れた場合の会計処理と内訳表の作成

事例2. 公益目的支出計画を実施中の一般財団法人(移行法人)における会計処理と内訳表の作成

個別の留意事項

区分 Q&A
1.会計区分に関する関係法令等 Q1 「会計区分」に係る法令・ガイドライン・運用指針の内容を説明してください。
2.共通収益・共通費用の取扱い Q2 複数の会計区分で共通に発生する収益及び費用についての会計上の取扱いはどのようになるでしょうか。
3.共用資産・共用負債の取扱い(使用割合等の変更に伴う会計処理を含む。) Q3 複数の会計区分で共用する資産・負債についての会計上の取扱いは、どのようになるでしょうか。Q4 会計区分の物理的な特定が困難な場合の共用資産・共用負債の財産目録の記載方法は、どのようになるでしょうか。

Q5 直接、特定の会計区分に計上されていた共用資産・共用負債の使用割合等が変更された場合の扱いは、どのようになるでしょうか。

4.事業費・管理費 Q6 事業費と管理費について公益認定等ガイドラインの取扱いを教えてください。
Q7 共通費用の配賦基準にはどのようなものがありますか。
5.「他会計振替額」と「他会計からの繰入額・繰出額」 Q8 正味財産増減計算書内訳表の「他会計振替額」とはどのような場合に使用されるのでしょうか。Q9 平成16 年改正基準の「他会計からの繰入額」及び「他会計への繰出額」と、「他会計振替額」の違いはあるのでしょうか。

Q10 収益事業等から公益事業への利益の繰入額はどのように計算するのでしょうか。

Q11 収益事業等会計の管理費相当額の算定方法について教えてください。

Q12 収益事業等の利益の繰入れを50%にした場合、貸借対照表の区分表示はしなくてよいのでしょうか。

 

非営利法人委員会研究資料第4号「貸借対照表内訳表及び正味財産増減計算書内訳表の作成と会計処理について」

 

Comments are closed.