平成25年度税制改正大綱の審議状況

本日の日経新聞において平成25年度(2013年度)税制改正関連法案が22日の衆院本会議で自民、公明、民主各党などの賛成多数で可決、参院に送られ、参院は25日に審議入りし、3月末までに成立する見通しという記事が載っていました。改正事項の多い相続税についての改正項目と適用開始時期との関連は下記のようになります。

image

大半は、平成27年(2015)から適用されますが、30才未満の子や孫へ教育資金を拠出し、金融機関に信託等した場合、受贈者である子や孫一人当たり1500万円(学校以外)を非課税とする特例は今年の4月1日から適用されます。

Comments are closed.