信用保証協会の保証料率が安くなります!!

中小企業庁において、信用保証協会が行う中小企業会計割引制度が見直され、「中小企業の会計に関する基本要領(中小会計要領)」に準拠しておれば、平成25年4月1日から3年間、同要領を採用している企業に対して適用保証料率0.1%割引されます。

従来は、「中小企業の会計に関する指針(中小会計指針)」を採用している企業が対象でしたが、今回は、「中小会計指針」よりも簡単な会計をすることが適当と考えられる「中小会計要領」に準拠しておればよいことになります。

<提出書類について>

「中小企業の会計に関する基本要領(中小会計要領)」を採用している企業に対する割引制度の利用に際しては、次の(1)から(3)の書類の提出が必要となります。

(1) 「中小企業の会計に関する基本要領」の適用に関するチェックリスト

(2) 個人情報の取扱いに関する同意書

(3) 中小企業経営者が中小会計要領を理解した上でチェックリストによる確認依頼を自から公認会計士(監査法人)又は税理士(税理士法人)へ行った旨を確認できる書面

これらの書式については、後日、中小企業庁のウェブサイト(http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/kaikei/2013/0128Waribiki.htm)で公表されることとなっておりますので、ご確認ください。

image

 

Comments are closed.