事務所紹介

 

所長挨拶

監査法人(現あずさ監査法人)における約20年のキャリアにより様々な業種の監査経験でノウハウを培い、その後半からは金融機関を含むコンサルティング業務や税理士として中小企業の経理指導等にも携わって参りました。監査法人を離れた現在も、責任者として会計監査に従事する傍ら、中小企業を含む税務、経営相談等の業務を行っています。
 当事務所は、永いお付合いを通じて親身な経営指導を心がけることにより、企業及び経営者の方々の将来を見据えた堅実な発展に貢献する戦略を提供することが重要と考えています。このため、ひとたびご縁のあった顧問先等の皆様にはそれぞれのニーズに合わせた経営指導に御満足いただき、長年にわたりおつきあいいただいています。また、めまぐるしく変遷する最新の会計基準、税法を含む法令等にも常に精通した事務所にしたいと考えています。

公認会計士・税理士 岡本俊二

 

経営方針

会社には経営方針やそれぞれの成長のステージに応じた経営管理の仕方があります。会社の成長段階に見合った経営管理方針を提示できるのは豊富な経験と知識に裏打ちされた一握りのプロフェッショナルのみができることです。その意味で、公認会計士・税理士事務所に期待されるのは単に安価な記帳代行サービスではなく、本来経営者が必要としているアドバイスをタイミング良く的確に提示できることだと考えています。
 例えば、「自己査定基準」や「金融検査マニュアル」を踏まえ、金融機関から見た貴社の「信用格付けランク」に応じた銀行とのつきあい方や貴社の格付ランクアップのためのポイントをアドバイスします。また、今後ますます重要になると思われる中小企業の事業承継問題については、M&A等の可能性を含め、相続対策等、広範な知識と人脈に基づくアドバイスをします。その他新規開業支援、病医院経営支援、投資等の経営意思決定、キャッシュ・フロー重視の経営ポイント、原価計算の導入支援、等々、経営の様々なステージにおける時宜を得た的確なアドバイスを心がけています。